ホーム » 基礎知識 » 共有持分とはそれぞれの共有者が持っている所有権の割合

menu

自分の共有持分は売却することができる

同意を得なくても売却が可能 共有不動産は自分の都合だけで売れないと思われがちです。 たしかに完全に売却しちょうとすると、共有者全員から同意を得ることが必須となります。 しかし、共有持分だけなら話は別なので勘違いしてはいけ … 続きを読む

コメントなし

共有持分には特別控除が受けられるというメリットがある

不動産の共有名義とはどのような状態なのか 夫婦や両親と一緒にマイホーム等の不動産を購入する場合に、共有名義と単独名義のどちらにするのか悩むケースがよくあることです。 そもそも不動産の共有名義とはどのような状態なのかという … 続きを読む

コメントなし

共有持分とはそれぞれの共有者が持っている所有権の割合

不動産の共有持分とは? 不動産を取得した場合、登記簿に所有権を登記する必要がありますが、この所有権を持つ人が複数人いる状態を共同名義(共有名義)と言います。 そして、各所有者が持つ所有権の割合が共有持分です。 例えば、夫 … 続きを読む

コメントなし

まずは共有持分のもとになる共有名義の基本を知っておこう

所有権は一つしかないので共有名義が生まれる 所有権は一つの物に対して一つしか成立しない排他的権利なので、複数が同時に成立することはありません。 一方、一つの所有権を複数の人で持つことは可能です。 複数の人が持っている権利 … 続きを読む

コメントなし

不動産売却に必須の共有持分!そんな共有持分の基礎知識を分かりやすく解説

共有持分とは、複数人が一つの不動産の共同名義人として所有する状態で、それぞれの所有権の割合のことをいいます。 夫婦で住宅を共同購入した場合や、相続した不動産を兄弟で共同相続した時などが共有持分となります。 1つの土地を二 … 続きを読む

共有持分とはそれぞれの共有者が持っている所有権の割合

不動産の共有持分とは?

不動産を取得した場合、登記簿に所有権を登記する必要がありますが、この所有権を持つ人が複数人いる状態を共同名義(共有名義)と言います。
そして、各所有者が持つ所有権の割合が共有持分です。
例えば、夫婦で購入したマイホームの所有権を夫と妻とで半分ずつ持つケースでは、登記簿には夫婦それぞれの氏名と、持分1/2という割合が記載されます。

共有名義の不動産が発生するケースは、大きく共同出資で不動産を購入する場合と、不動産を相続する場合の2パターンがありますが、共同出資で不動産を購入する場合の共有持分は出資額に応じて決めるのが一般的です。
出資額とは異なる割合で共有持分を設定すると、出資額が多い方から低い方への贈与があったと見なされて、贈与税が課されてしまうので注意が必要です。
一方の相続で共有名義とする場合の共有持分は、法定相続分で決めるのが基本ですが、遺言書がある場合はその内容に従います。
また、遺産分割協議で相続人全員の同意が得られれば、法定相続分や遺言書の内容に従うことなく自由に割合を設定することが可能です。

共有持分が抱えるリスクとは?

共同名義で不動産を取得すると、共有者それぞれが住宅ローン控除や売却時の特別控除を受けられるというメリットがありますが、共同名義の不動産は簡単には売却できないというデメリットがあります。
共同名義の不動産は、共有者全員の同意がなければ売却することができないため、将来的に売りたくても売れないという状況に陥る恐れがあります。

また、相続が発生すると配偶者や子供、兄弟など法定相続人の数だけ共有人が増えることになります。
相続が何度も行われた結果、共有人が膨大な数になって誰が共同名義人になっているのかが把握できなくなっているケースも少なくありません。

さらに、共有持分は夫婦が離婚する際のトラブルのもとになったり、借入する際の担保にできなかったりするという側面もあります。
このように共有不動産には様々なリスクが伴うので、不動産の名義人を単独にするのか共同にするのかは慎重に判断しなければなりません。

まとめ

共有持分とは、不動産を複数人で保有する際の各所有者が持つ所有権の割合のことです。
共同名義の不動産は、主に共同出資で不動産を購入するケースと不動産を相続するケースで発生しますが、共有持分は前者のケースでは出資金額の割合に応じて、後者では法定相続分や遺言書、遺産分割協議で決まります。
また、共同名義の不動産に一定のメリットもありますが、数多くのリスクやデメリットがあるので、安易に共同名義で不動産を所有するのは避けて当事者間でしっかりと話し合って決めることが大切です。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

アーカイブ

カテゴリー