ホーム » 「共有持分」タグがついた投稿

タグアーカイブ: 共有持分

menu

自分の共有持分は売却することができる

同意を得なくても売却が可能 共有不動産は自分の都合だけで売れないと思われがちです。 たしかに完全に売却しちょうとすると、共有者全員から同意を得ることが必須となります。 しかし、共有持分だけなら話は別なので勘違いしてはいけ … 続きを読む

コメントなし

共有持分には特別控除が受けられるというメリットがある

不動産の共有名義とはどのような状態なのか 夫婦や両親と一緒にマイホーム等の不動産を購入する場合に、共有名義と単独名義のどちらにするのか悩むケースがよくあることです。 そもそも不動産の共有名義とはどのような状態なのかという … 続きを読む

コメントなし

共有持分とはそれぞれの共有者が持っている所有権の割合

不動産の共有持分とは? 不動産を取得した場合、登記簿に所有権を登記する必要がありますが、この所有権を持つ人が複数人いる状態を共同名義(共有名義)と言います。 そして、各所有者が持つ所有権の割合が共有持分です。 例えば、夫 … 続きを読む

コメントなし

まずは共有持分のもとになる共有名義の基本を知っておこう

所有権は一つしかないので共有名義が生まれる 所有権は一つの物に対して一つしか成立しない排他的権利なので、複数が同時に成立することはありません。 一方、一つの所有権を複数の人で持つことは可能です。 複数の人が持っている権利 … 続きを読む

コメントなし

不動産売却に必須の共有持分!そんな共有持分の基礎知識を分かりやすく解説

共有持分とは、複数人が一つの不動産の共同名義人として所有する状態で、それぞれの所有権の割合のことをいいます。 夫婦で住宅を共同購入した場合や、相続した不動産を兄弟で共同相続した時などが共有持分となります。 1つの土地を二 … 続きを読む

自分の共有持分は売却することができる

同意を得なくても売却が可能

共有不動産は自分の都合だけで売れないと思われがちです。
たしかに完全に売却しちょうとすると、共有者全員から同意を得ることが必須となります。
しかし、共有持分だけなら話は別なので勘違いしてはいけません。
共有持分とは文どおり、共有物のうち自身が所有している割合を指します。
たとえば、建物の3割を所有しているなら、それが自分の共有持分ということになります。

そして、その分だけなら個人の意思だけで売る権利があります。
ただし、誤解しやすいポイントがあるので注意してください。
上記の割合は面積や体積で決まるわけではありません。
あくまでも権利の比率であることを覚えておきましょう。
共同購入や相続で共有不動産を持つケースが多いです。
十分な知識がないと扱い方が難しいですが、とりあえず自分の共有持分だけは自由にできます。
したがって、主体的に考えることを放棄しなくても大丈夫です。
迅速な現金化も可能であること認識しておきましょう。

共有者に買い取ってもらう

自分の共有持分を売却する方針は大きく2つに分けられます。
1つ目は他の共有者に買い取ってもらうことです。
これは共有者にとってもメリットがあるので、相談してみる価値は十分にあります。
よく知らない人に売却されると、今後の運用についてコミュニケーションを取りにくいです。
それに対して自分が買い取ったとき、他に共有者がいなければ、所有権は完全に自分のものになります。
今後はその人物だけのものとして運用が容易になるというわけです。
こちらも買手を探さなくて済むという点で、スピーディに現金化できるというメリットがあります。

2つ目は共有者以外に売却することであり、自分で買主を見つけることが前提です。
ただし、たいていの人は不動産会社に任せています。
仲介手数料などがかかりますが、みずから宣伝活動を行う必要がないので、買手になってくれそうな人に心当たりがない場合に有効です。
自分だけ売ろうとすると、長期化しやすいので気を付けましょう。

まとめ

共有持分だけに限定するなら自分が決めた方針で売却できます。
共有者に承認してもらう必要はなく、もし反対されても諦める必要はありません。
買手を自由に探しても構いませんし、共有者に売ることも有効な手段となっています。
そういう意味では相談してみることに意味があります。
購入の意思があるならスムーズに現金化できるからです。
共有持分に関して正しい知識を身につけ、売却したいなら自分が行使できる権利をうまく活用しましょう。

共有持分には特別控除が受けられるというメリットがある

不動産の共有名義とはどのような状態なのか

夫婦や両親と一緒にマイホーム等の不動産を購入する場合に、共有名義と単独名義のどちらにするのか悩むケースがよくあることです。
そもそも不動産の共有名義とはどのような状態なのかというと、一戸建てやマンション、土地などの不動産を取得するにあたり、共同でお金を出して、その金額の割合に応じた共有持分で登記を行うことを意味しています。
具体例を挙げて4000万円の一戸建てを夫婦で購入するにあたり、2000万円ずつを出資して購入したとしましょう。
このような場合にはそれぞれ2分の1の共有持分での名義となります。
このように共有持分を所有して共有名義で不動産を所有する人の中には、単独で購入する資金がなく共有名なければ購入できない、不動産を相続したなどの様々なケースが挙げられます。
不動産を共有で購入するという事は、それぞれに共有持分が発生することになりますが、このような場合には特別控除が受けられることをはじめ、様々なメリットがあると言えるでしょう。

特別控除や住宅ローン控除のメリット

不動産を共有名義で購入すると、それぞれに共有持分を割り当てることになりますが、共有持分には特別控除や住宅ローン控除など様々なメリットがあります。
その1つが住宅ローン控除であり、マイホームを購入して共有名義にすることによって、それぞれの収入に対して住宅ローン控除の適用をうけることができるのです。
住宅ローンの年末残高の1%が10年間にわたり減税されるものです。
共有持分があれば二重で受けられることから、減税額が多くなるのです。
そしてもう一つが特別控除を二重に受けられる点です。
これはマイホームを売却する際に出てくるメリットであり、所有期間の長さには関係なく、譲渡所得から最高3000万円までは控除を受けることができるといった特例があるのです。
夫婦の共有名義となっている不動産を売却する場合には、夫と妻のそれぞれが3000万円の控除を受けることができるので、大きなメリットがあると言えるでしょう。

まとめ

このように夫婦で不動産を共有名義で購入すると、それぞれに後共有持分が割り当てられることがわかりました。
これによって特別控除が受けられたり、住宅ローン控除が受けることができるなど、様々なメリットがあることがわかります。
とは言えメリットだけではなくデメリットがあることも事実であり、売却や相続の際には様々なデメリットが生じます。
特に今後離婚をすることになった場合には、共有不動産について合意できないことが出てくることもあるでしょう。
メリットだけではなくデメリットをしっかりと理解しておきましょう。

共有持分とはそれぞれの共有者が持っている所有権の割合

不動産の共有持分とは?

不動産を取得した場合、登記簿に所有権を登記する必要がありますが、この所有権を持つ人が複数人いる状態を共同名義(共有名義)と言います。
そして、各所有者が持つ所有権の割合が共有持分です。
例えば、夫婦で購入したマイホームの所有権を夫と妻とで半分ずつ持つケースでは、登記簿には夫婦それぞれの氏名と、持分1/2という割合が記載されます。

共有名義の不動産が発生するケースは、大きく共同出資で不動産を購入する場合と、不動産を相続する場合の2パターンがありますが、共同出資で不動産を購入する場合の共有持分は出資額に応じて決めるのが一般的です。
出資額とは異なる割合で共有持分を設定すると、出資額が多い方から低い方への贈与があったと見なされて、贈与税が課されてしまうので注意が必要です。
一方の相続で共有名義とする場合の共有持分は、法定相続分で決めるのが基本ですが、遺言書がある場合はその内容に従います。
また、遺産分割協議で相続人全員の同意が得られれば、法定相続分や遺言書の内容に従うことなく自由に割合を設定することが可能です。

共有持分が抱えるリスクとは?

共同名義で不動産を取得すると、共有者それぞれが住宅ローン控除や売却時の特別控除を受けられるというメリットがありますが、共同名義の不動産は簡単には売却できないというデメリットがあります。
共同名義の不動産は、共有者全員の同意がなければ売却することができないため、将来的に売りたくても売れないという状況に陥る恐れがあります。

また、相続が発生すると配偶者や子供、兄弟など法定相続人の数だけ共有人が増えることになります。
相続が何度も行われた結果、共有人が膨大な数になって誰が共同名義人になっているのかが把握できなくなっているケースも少なくありません。

さらに、共有持分は夫婦が離婚する際のトラブルのもとになったり、借入する際の担保にできなかったりするという側面もあります。
このように共有不動産には様々なリスクが伴うので、不動産の名義人を単独にするのか共同にするのかは慎重に判断しなければなりません。

まとめ

共有持分とは、不動産を複数人で保有する際の各所有者が持つ所有権の割合のことです。
共同名義の不動産は、主に共同出資で不動産を購入するケースと不動産を相続するケースで発生しますが、共有持分は前者のケースでは出資金額の割合に応じて、後者では法定相続分や遺言書、遺産分割協議で決まります。
また、共同名義の不動産に一定のメリットもありますが、数多くのリスクやデメリットがあるので、安易に共同名義で不動産を所有するのは避けて当事者間でしっかりと話し合って決めることが大切です。

まずは共有持分のもとになる共有名義の基本を知っておこう

所有権は一つしかないので共有名義が生まれる

所有権は一つの物に対して一つしか成立しない排他的権利なので、複数が同時に成立することはありません。
一方、一つの所有権を複数の人で持つことは可能です。
複数の人が持っている権利を合わせることで、完全な所有権になるということです。
この不完全な権利として複数の人が分けあっている状態が共有しているという状態であり、この状態になっていることを共有名義になっていると言います。
共有名義になっているということは、所有権が複数成立しているということではないので注意が必要です。
共有持分を理解するうえで、基本となる部分なので勘違いの無いように理解をしておくことが大切です。
共有持分とは共有者がもっている所有権に対する権利の割合を言います。
共有持分とはどういうものなのかを理解するためには、先ずは所有権とはどういうものであるのかを理解する必要があります。
そこから始まって、共有名義の基本を理解すれば共有持分についても分かり易くなります。

共有名義が生まれる具体的なケースについて

所有権が一つしかないので複数人で所有すれば共有名義となり共有持分が生まれます。
具体的に共有持分が生まれる行為にはどういったものが有るかと言うと、相続が典型的な例になります。
相続が起これば不動産などの財産の名義は相続人に移ります。
相続人が一人しかいない場合や、遺言や遺産分割協議などによって特定の相続人の名義になる場合を除き、共有関係になる場合が多いです。
例えば子供が二人いる四人家族の父親が被相続人ならば、法定相続をした場合は配偶者である母親が半分相続し、残りの半分を2人の子供が均等に相続することになります。
その結果母親と子供二人は共有名義人となり、共有持分はそれぞれ法定相続分に従います。
後は、共同で一つの不動産を購入した場合も、その不動産は共有名義になります。
共有持分はそれぞれが負担した金額に応じて決まることになります。
夫婦でマンションを購入した場合等がこのケースにあてはまります。

まとめ

所有権は一つの物に対して一つしか成立しないので、複数の人によって所有されている場合は共有名義になります。
これが共有名義の基本で、そこから共有名義人の物に対する権利の割合が生まれ、その割合を共有持分と呼びます。
共有名義は法定相続分に従って相続が行われた際に生まれることが多く、相続人はそれぞれ共有持分を持つことになります。
他には、夫婦でマンションを購入した場合にも、負担した金額に応じた共有持分を取得します。

アーカイブ

カテゴリー